函館日記

函館暮らしの日記

【日記】暑くならなかった夏

今年の夏は、暑いのは前半だけでした。 例年であれば、日照のピークが過ぎた後半の方が暑くなるわけですが。

今年は、函館マラソン(7月2日)も暑く、7月15日には函館西高校の「学校祭」で熱中症で13人救急搬送という事件がありました。 (熱中症を予防する気がないのも、単に暑さになれていないとか冷房設備がないとかいうだけではなくて、地域社会の封建的な気質も原因にあると思います(例えば、体育館に水を持ち込ませない)。あと、不況と貧困、自然法則や社会趨勢がわからない教養の低さ。以下略)

今年の夏はオホーツク海高気圧が張り出し、太平洋高気圧が出てきませんでしたね。(太平洋高気圧がないので台風5号が発達したり進路が予測不能になったりもしましたね。) それで、函館はオホーツク海高気圧の南縁で低気圧が通過し続ける位置になってしまい、晴れる日が物凄く少なくなっています。

夏冬の昼夜の時間差が大きい高緯度で、さらに冬は雪雲で暗くなる函館なので、夏があまり晴れなかったのは辛いです。 冬の洗濯は外に干せないだけに、夏に陽射しが足りないのも残念です。

そしてまた、日照不足ということは、農作物の生育に悪影響が出ると思います。今年の北海道は不作かもしれません。

降雨が多く、函館では道路冠水で膝くらいまで埋まる町域も出ました。 函館の都心(駅前や市役所)から函館山にかけて(亀田川以南)は洪水のリスクがない(代わりに津波があれば埋まる)のですが、内陸寄りが現在は栄えていて人口も多い住宅地になっています。川が多いのもそうした内陸寄りの方です。 洪水のリスクを知らない人間が新興住宅地に土地買って住んで、いざ洪水になったら文句言うというパターンになりました。

東風がビュンビュンなのも例年以上かもしれません。北高南低の気圧配置ですから。

とりわけ観光旅行客は、函館が港町であることは知っていても、函館の都心や函館山津軽海峡の中に突き出している(街が海上にある)という認識が足りません。 さらに、駅前や市役所近辺や「ベイエリア」などは、高層ホテルやオフィスビルが所々に建っています。そうするとビル風が局所的に物凄く、台風並みになることもあります。

それに対して、函館地方気象台があるのは内陸の美原ですので、気象統計上の「函館」は都心よりも風が弱く出ます。 アメダスのデータや、天気予報などの風速も、弱く出ます。

しかも、雨が降れば条件反射で傘をさし、台風でも傘をさすような愚か者が多いのが日本人です。

だから何が起こるかって、今夜も傘をぶっ壊す人を何人も見かけました。

傘が勿体無いだけではなく、自身や周囲に負傷の危険があります。

そして、うちのマンションの玄関に壊れた傘を棄てていく人がいて、困っています。