読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館日記

函館暮らしの日記

滑りにくい歩き方

生活

冬になると積雪もしますし、凍結もします。 夏の歩き方では滑ります。

滑りにくくするコツというものはあります。それでも、時々滑ることもありますし、たまに転びます。 確実に滑らない方法となると、スパイクや杖ですが、不便をおしてそこまでする人は多くはありません(しかし、年配の人の中には特によくいます)。

住んでいる者でも、たまに転びます。ひと冬に一度や数度転ぶかもしれません。 市の広報紙にも、滑りにくくするためのコツが掲載されるくらいです。

歩き方

かかとから着地してつま先に抜けるというのは、夏の歩き方です。健康や美容、スポーツ目的で通俗的に言われていますが、雪道では滑ります。

むしろつま先から入るような感覚で、足の裏全体でベタっと着地してから、つま先だけではなく足裏全体をうまく使って面で蹴り出して歩きます。 そのため、靴の裏は前方には見えず後方にばかり表れる歩き方になります。

靴底の摩擦力が高くないと滑ります。 接地面が広いことと、地面をうまく引っ掻けるようにグリップの多いことが重要です。 靴底がツルツルしているような革靴・パンプスの類や、接地面が狭いハイヒールなどは、転倒の危険が高いです。 ブーツや長靴を履いている人が多いです。

バランス

重心の低い人の方が有利です。

比較的には、男よりも女の方が一般的な傾向として有利だろうと思います。

しかし、女性は外見にこだわられる傾向があるため、靴や服装の選択次第では不利です。

長靴を履いてガニ股で歩いているオッサンの方がおそらく滑りにくいでしょう。ガニ股や長靴が習慣になっている人すら見かけます。こういうのは女性には少ないわけです。

身長が高く美容的に格好よい人の方がしばしば重心が高く転びやすかったりもします。

前後左右のバランスを直し、バランス感覚を鍛えることも必要です。 両手を空けた方がバランスがとりやすく、転んでも両手で受け身を取れます

当然ながら、バランスが歪んでいる人は転びやすいです。 姿勢が崩れていたり、歩き方におかしな癖がついていたりすると、転びやすいです。

その点では、荷物の運び方の選択次第で転びやすくなります。 背中に背負うと両手が空くのは有利ですが、前後のバランスを崩すかもしれません。 だからといっても、キャリーケースを転がすのは雪道では大変です。転がせなくて持ち上げないといけない状況が増えれば、自分の方が転がされる危険度が増えます。 冬の函館を出歩くのには荷物を減らすことを勧めます。

路面の選択

雪が積もっているところの方が、凍っているところよりも滑りません。 路面が雪で白い所の方が滑りにくいことが多く、透明に凍っているところは滑ります。

薄く透明に凍ってしまうと、氷の下が透けて見えるため、凍っていることに気がつかないおそれがあります

路面が光に照らされていれば、表面がどうなっているか判ります。 ツルツルに凍っているところと、雪が載っているところと、乾いているところの判別がつきやすくなります。

車道は、自動車に踏まれて圧雪され、表面が融けてから凍り、更に磨かれていきます。昔と異なり今はスタッドレスタイヤですから、削られることなく磨かれます。 うまくすれば早く雪や氷がなくなり乾きますが、乾かないまま夕方になってくると、表面が凍ります。 だから夜の車道は大変です。

函館は札幌や旭川に比べれば真冬日が少なく、日中にうまく融けてくれるような日ならば通行量の多い車道は雪が無くなります。反対に最高気温も低い日だと、路面が圧雪され凍ったままで終わります。

通行量の中途半端で除雪車の入らない生活道路はもっと大変です。 駐車場の出入口なども歩道なのに自動車に踏まれるので、凍りやすく滑りやすいです。

人通りの多いところも、圧雪・融雪・再凍結を繰り返すので凍りやすいです。 交差点周辺やバス停のところが、圧雪され表面が凍ってツルガタになります。

日向の方が融雪が早く、日陰の方が残ります。 早く融けて乾いた日は日向有利ですが、中途半端な陽射しや気温だと、日向は夕方から凍ってきます融けるのが遅い日はむしろ、日陰の方が雪がサクサク残っていて歩きやすいということになります日によってどちらが有利かは異なりますので、その日の状況をみて判断する必要があります

つまり、まず道を選ぶこと、そして路面をよく見ること、車道の横断時は特に注意です。

慌てるな

慌てないで落ち着いて、マイペースで歩きましょう。 周囲より遅いのを気にして慌てると危険です。

同行者が遅くても気にせず急かさないことも重要です。

慌てないためにも、信号の変わり目に駆け込むことはしない。 残念ながら、津軽の海沿いの人間の性格によるものなのかなんなのか、信号無視をする人を函館ではよく見かけますが、信号無視や無理な横断をすると転倒リスクも自動車に撥ねられるリスクも高いです。

滑ることはよくありますし、転ぶこともあります。 そういうときにはまず、落ち着くことが必要です。 可能ならば、とりあえず立ち止まって落ち着きましょう。

広告を非表示にする