読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館日記

函館暮らしの日記

函館当地の物

観光

函館にしか無い、あるいは函館以外では少ないものを挙げます。

交通

路面電車

函館以外にもありますが、廃線が進んで現在は珍しくなりつつあるので。 北海道で現在も路面電車があるのは札幌と函館で、旭川は廃止されています。

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/bunya/hakodateshiden/

市営です。

地元で「電車」というと通常は市電のことを指します。 「電車通り」というと市電の走っている道路です。 電車の停留所のことを「電停」と略します。

運賃は均一価格ではないので面倒。 プリペイドカードの「イカすカード」が遣えます。 非接触式ICカードの導入は計画中

路線は2系統あり、第2系統が「谷地頭」(やちがしら)〜「湯の川」、第5系統が「函館どつく前」(函館ドック前)〜「湯の川」間です。 この2系統が分岐するのは十字街電停。行き先の異なる電車に乗ってしまったときには乗り換えが必要

市電の路線

現行路線は、「函館駅前」〜「函館どつく前」が本線、「十字街」〜「谷地頭」が宝来・谷地頭線、「函館駅前」〜「松風町」が大森線、「松風町」〜「湯の川」が湯の川線です。 しかし、正式な路線名称は日常会話にはなかなか出てきません。

昔は、本線は五稜郭駅前まで走っていましたし、「宝来町」〜「松風町」に東雲線が、「ガス会社前」〜「五稜郭公園前」に宮前線が走っていました。 深刻な経済退潮で、自家用車に替える人が増え、市電の乗客が増えないため廃止されていきました。 廃線後の元・電車通りは寂れていますが、よく見れば過去の栄華の名残があるでしょう。

現在も残っているのは、観光利用にも至便な路線です。 市電に乗ればほとんどの観光名所に行けます市電で行けないのはトラピスチヌ修道院函館空港です。

路線バスは函館バス

ちなみに、路線バスは、昔は市営でしたが、私営化されました。 一時は東急系列で、今でも車両は東急バスのお下がりです。車体塗装も東急バスと同じです。

やはり、均一運賃ではなく、整理券方式です。

路線の系統が判り難いので、観光客の利用には大変でしょう。函館駅前の案内所を利用した方がよいです。

シャトルバス

函館空港へのアクセスは、函館バスか、函館帝産バス(函館タクシー)があります。

津軽海峡フェリーの乗り場へのアクセスは、函館帝産バス。

五稜郭

史跡の「五稜郭」があるのが「五稜郭公園」で、電停は「五稜郭公園前」。 バス停は「五稜郭」という名称。

函館本線の「五稜郭駅」は五稜郭公園から遠いです。 昔は、市電が「五稜郭駅前」から「ガス会社前」(北海道ガス前)経由で「五稜郭公園」まで走っていましたが、廃線になっています。

観光名所

函館山

函館山に登る手段には、徒歩、ロープウェイ、バス・タクシー、自家用車・レンタカーがあります。

並びますが、ロープウェイが無難です。 ピーク時間帯には登山道路が混みます。

バスだと、函館山に登るための観光バスチケットもあるようですが、そんなの要りません。路線バスにしましょう。

夜間のピーク時には、登山道路(車道)の自家用車・レンタカーは通行禁止にされ、路線バス、観光バス、タクシーでないと登山道路に入れません。

徒歩での登山は、とても容易な部類の軽登山です。 しかし、長期積雪期は雪山と化すので素人には危険。車道を歩くのも傾斜と凍結からすると困難でしょう。 また、カラスが多いので、気をつけてください。 夕方になると麓付近から一気に暗くなってしまいますので、必ず明るいうちに済ませること。 また、下山をロープウェイに計画変更可能なように現金を持っていきましょう

ロープウェイで登るのなら、市電の十字街電停か宝来町電停から坂を登っていくと函館山ロープウェイの山麓駅があります。 十字街電停からの登り(南部坂)の方が急なので、宝来町電停から登る(護国神社まで登って正面を右に山麓駅)のがおすすめ。 長期積雪期には坂を登るのは厳しいので、路線バスで山麓駅に行くのがよいでしょう。

函館山は海の中にあった山ですので、函館の南西にあります。内陸と反対側です。函館山をランドマークにしていれば方角を迷いません。 山頂からの景色も、海に挟まれた函館市街が見られます。世界的にも珍しい地形です。

五稜郭公園

西洋式平城の跡。城塞を期待してはいけません。 五稜郭タワーに昇って見下ろせば星型なのはよくわかりますが、下を歩いてもわかるでしょう。 堀に沿ってランナーがよく走っています。

摩周丸

青函連絡船。 現在は市営 http://www.mashumaru.com/

鉄道や船舶に関心がある人は行くべき。 おそらく半日過ごせます。 洞爺丸海難事故の展示もある。

なお、青森には八甲田丸があります。 八甲田丸は、車両甲板に入れ、鉄道車両が見られます。

北島三郎記念館

八幡坂の上には昔は函館八幡宮があって、下が桟橋だった。 今は、坂の上には函館西高校があります。桟橋跡の近辺には新島襄同志社の人)の渡航記念の像が立っています。

北島三郎は函館西高校出身なので、この桟橋の正面にあるウイニングホテルのところに記念館があります。

北島三郎というよりも以前に、函館港のなりたちを想像してください。

この近辺は、現在はヨットなどの溜まり場になっています。

ギャンブル多いよね

競馬場は夏の短い期間だけしか本場開催がありません。最北の中央競馬は札幌ですが、最古の現役競馬場は函館です。

競輪場は市営です。最北の競輪でしょう。冬季は競輪なんかやれる路面ではないので、スケート場になります。 場外車券売場は函館駅前(松風町)にある。

競馬場と競輪場とあわせて、パチンコ屋が乱立している。 貧困と不景気のバロメータ。 そんなに暇なのか虚しいのか、雪の最中でさえも自家用車でパチンコ屋に来て打っている人がたくさんいますが、可哀想。

北海道は、おそらく青森市ほどではないが、喫煙者が多く、臭い。

小売

テーオー小笠原

http://www.tog.co.jp/

帝王(笑)。さすがに「帝王」はやめて、「テーオー」の屋号で「To」というロゴで売っていますが。 テーオーのみならず一般的にも、函館には、屋号を用い、創業者の名を冠する企業が少なくありません。

地元では強固な勢力であるにも関わらず、函館を出るとマイナーなので、テーオー小笠原という強烈なインパクトは話題にもってこいでしょう(笑)。

「テーオーデパート」という百貨店風の店舗を梁川町五稜郭公園前の近く)で経営しています。

ちなみに、梁川町には、テーオーデパートの向かいに西武百貨店がありましたが潰れて、建物の名称が「パボッツ」に換わり、さらに「テキサス」というアミューズメントビルになりました(パチンコ屋があるので臭いです)。

また、テーオー小笠原は、「イエローグローブ」というホームセンターも展開しています。 その大きな店舗は「ジャンボイエロー」という名称です。

さらに、住宅地のデヴェロッパもやっています。

丸井今井

丸井今井は札幌にもありますが、もともと函館の十字街にあった百貨店で、現在は五稜郭公園前にあります。

なお、東京のマルイ(OIOI)とは異なります。

棒二森屋

http://www.boni-moriya.com/

「ぼうにもりや」。通称「ボーニ」。

かつて丸井今井と双璧をなしていた百貨店ですが、経営難から現在は東北地盤の中合(なかごう)が経営しています。

食品

函館牛乳

函館酪農公社の牛乳のブランド。 一部は青森県でも売っているようです

本社は函館市内にありますが、生乳の生産地は八雲町が主なようです。

コンビニやスーパーでも置いてあることが多いですが、(プライベートブランド豊富牛乳を売っている)セイコーマートなどにはありません。

はっきり言って、雪印なんて地元では質の低い部類です(笑)。 せめて、よつ葉でしょう。

ハセガワストア(ハセスト)

ハセスト

24時間営業の地場コンビニ。 やきとり弁当で有名。 (札幌地盤の)セイコーマートと提携しています

ちなみにコンビニは、セブンイレブンが多い、そしてセイコーマート。ローソン、サンクス、ハセスト。ファミリーマートはとても少ない。

ラッキーピエロ

ラッピ

ファーストフード店。おそらく華僑系。各店毎に異なるテーマを設定して内装を変えています ハンバーガーだけではなく色々扱っています。モスバーガーなどと同様に、注文を受けてから作る方式です。 店員には中年女性比率が高い、積極的に採用しているようです

その他

函館新聞

函館新聞 (@hakodateshimbun) | Twitter

道南、主に渡島・檜山地方を対象にしている地方新聞

概ね、経済的な希望的観測を書きたがる新聞です。函館も深刻な不景気が続いているので、とにかく何かにすがりたいのでしょう。 なにかの機会があるにつけ、GLAYで記事を書きます。

ちなみに、GLAYは函館出身です。

漁港

とりわけ明治期以降に魚を取りすぎたので、漁獲量が激減して、漁獲規制が必要なほどに環境破壊をやった。 北洋漁業は衰退し、多くの都市が衰退した。 函館では、漁業というとイカ釣りが主要になった。

函館市街近辺では、函館どつくの近くにある函館漁港のほか、谷地頭よりにある住吉漁港、湯の川温泉の近くにある湯川漁港があります。

土産には何を買う?

店で選べば、棒二森屋か丸井今井。ただ、丸井今井は札幌にもあるので、棒二森屋の方がインパクトがあるでしょう。 函館駅を利用するならば棒二森屋が至便。五稜郭公園に行くついでならば丸井今井

金森赤レンガ倉庫が観光客目当てに土産物を沢山売っているので、面倒ならばそこで買ってもいいですが。 中国人観光客も金森赤レンガ倉庫で買っていますが、彼らはむしろ、ツルハドラッグセイコーマートでよく見かけます。

物としては、五島軒スナッフルス千秋庵総本家が無難。

肉を食べる人には、五島軒のカレーや、カール・レイモンのハムソーセージ。

函館以外の渡島・檜山

五勝手屋羊羹江差)。 トラピスト修道院(渡島当別)のトラピストクッキー

土産物というよりも話の種としてはソフトドリンクの、小原(七飯)のコアップガラナ。コンビニで買える。

広告を非表示にする