函館日記

函館暮らしの日記

夜行急行はまなす、今晩で廃止

「急行はまなす」は、急行しかも夜行という、現在では最後の存在でした。 その「はまなす」も今夜の青森発札幌行で最終です。

昨晩には先に「寝台特急カシオペア」が最終でした。

青函連絡船の代替

青函トンネルは、青函連絡船の代替です。 鉄道が繋がっていなかったので「連絡船」だったわけです。 鉄道が繋がったから、青函連絡船は廃止されました。

青函連絡船にも夜行がありました。 夜行の方が効率的に移動可能です。 船中泊や、寝台列車泊といった方法を採れば、ずっと移動し続けられます。しかも寝て。 青函連絡船にも、寝台や、リクライニングの深いグリーン席がありました。同時に、カーペット敷で雑魚寝というのもありました。

青函トンネルを夜行が走るのも、夜にも航行していた連絡船の代替という面があります。

それが、新幹線が開通するという理屈で、夜行まで廃止してしまいます。 しかし新幹線には夜行はありません。

移動の効率が低下するため、今後の移動のあり方は変わっていくでしょうね。

もう一点、室蘭近辺の人々には苦痛を強いることになります。なぜなら、はまなすは室蘭を経由する夜行で、札幌や函館と室蘭との交通にも至便だったからです。

はまなすにある名残

はまなすは、車両はブルートレインです。 厳密にはブルートレインは全席寝台の特急でないといけないので、はまなすはこれには当たらないため、ブルートレインは既に絶滅したことになっているわけですが。(北斗星も廃止されたため)

夜行の急行という観点では、かつて東京大阪間に寝台急行銀河が走っていましたが、とうに廃止されています。

はまなすのもうひとつの名残は、連絡船時代を思わせる、カーペット席と「ドリームカー」(リクライニング席)の存在です。 はまなすの運行開始当初には無かったこうした特殊な座席も、後になって導入されたわけですが、連絡船を参考にしたことは明白でしょう。

フェリーは自動車向け

フェリーは今でも、「青函フェリー」と「津軽海峡フェリー」の2社が運行しています。

このフェリーには当然ながら夜行もあります。 なにせ、自動車の運転者からすると、フェリーで移動中に寝られるというのは大きな利点です。

フェリーは、自動車輸送が主目的です。自動車を優先させて、徒歩を劣後させています。 フェリーの埠頭は、函館駅から遠くにあります。自動車にとっては、函館駅前だと大したメリットにはならず、デメリットの方が大きいでしょう。幹線道路に直結してそのまま長距離輸送に入れる埠頭の方が合理的です。

フェリーは、連絡船の完全な代替にはなりえません。

連絡船が無くなり函館駅前が寂れた

函館駅前が寂れたダメ押しが、連絡船の廃止だっただろうと思います。

連絡船のあった時代には、函館駅前はまさに「眠らない街」でした。 連絡船の時代には、函館に着いて近隣の宿泊施設に飛び込むといった人も多かったようです。

ところが、連絡船が無くなって、乗りっぱなしで函館を通過可能になりました。 函館で降りる人は最初から計画している人です。

そして、夜行列車も無くなり、函館駅は終に深夜閉鎖にされます。

函館駅前の夜は既に閑散とはしています(歓楽街の中心は五稜郭公園近辺に移っています)が、夜の函館駅前はこれで本当にもう終わりだと思います。

新幹線よりフェリーに商機

前記の通り、フェリーは夜行があります。 そして、寝ながら移動、間断無く移動というメリットがあります。

かつては、フェリーの乗り場が市街から遠いという大きなデメリットがあり、徒歩客(業界的に「人のみ」と言うもの)の利用が多くはありませんでした。 移動時間と乗継のタイムロスを勘定に入れると効率が良くもなかったのです。

ところが、夜行列車皆無になると、移動する効率からすると、選択肢は

  • 深夜バスに乗る
  • 昼に陸路、夜はフェリー
  • 予算を増やして航空機

深夜バスに乗って青森までなり函館までなり移動する事例から考えてみたときに、青函間だけ新幹線というのは可能ではありますが、予算的に違和感がありますね。 他方で、弘南バスなどがフェリーとの切符のセット販売をしています。その手に乗れば、廉価に移動可能です。

ですから私の推測としては、新幹線開業でフェリーが賑わう、です。

また、新函館北斗から函館駅まで律儀に来る人が、函館札幌間をさらに律儀にスーパー北斗に乗るのかというのもいくばくか疑わしいです。(乗継駅ではない袋小路の)函館に泊まるならば、JRに乗り続ける義理は減ります。

予算があれば、函館空港から新千歳か丘珠に、航空機に乗るでしょう。 札幌市内の丘珠基地に飛ぶ北海道エアシステム(HAC)に商機がある気もします。

小樽や旭川にも行くにしても、札幌を起点にした方が効率的で、函館から特急で室蘭経由などで行くのは時間も疲労もかかります。 予算が少なければ高速はこだて号のような高速バスに乗るでしょう。

新幹線は一過性の需要爆発で終わり、札幌延伸まで待たされると思います。 予算があれば航空機、無ければ高速バスとフェリーとしたら、新幹線の遣い途があまり無いんです。

結論

夜行を廃止しないことです。 新幹線か急行で夜行を続けることです。 夜行新幹線なんて史上空前ですが……