読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館日記

函館暮らしの日記

【道南】長万部がいかに何も考えていないか

いかに後れているかという一例を、同じ道南でもっとやる気のない長万部町(おしゃまんべちょう)で、挙げてみます。 長万部とは、函館本線の(普通列車の)乗継駅の1つで、乗継のために乗降する人はいますが、駅の外に出ても見どころが(かにめしと小さな温泉くらいしか)無いというやる気のない閑散とした街です。 今や鉄道よりも自動車で暮らしている人が多いので、駅前だからどうというよりも、幹線道路沿いの方に商業施設が散在するという状況ですから、駅前は本当に何もありません。

pucchi.net

東京地方在住の長万部町出身者は、世間擦れしています。

他方の長万部町の中に閉じこもっている人達は、世間離れしています。 またおそらくは、世間擦れしたが帰郷してきた人は、言いたいことが言えない、やりたいことがやれないで、白けているのではないかと思います。何をやってもムダという諦めがあるのかもしれません。

上記リンク先記事にある、「リアルに町でやってほしい10のコト」のうち、1から5は普通、議論するまでもないことで、「まだやってなかったの?」と言われるでしょう。(上記リンク先のサイトは、北海道人気を高めるために意図的に印象操作、バイアスをかけていますので、実際の現状はそこから差し引いて想像してください。)

何も考えていないのか、やる気がないのかでしょう。

「見どころがないのに外国人観光客なんか来るか?」といえばその通りかもしれませんが、かにめしくらい食わせる気にはならないのでしょうか? ニセコには日本人よりも外国人のほうが多いとまで言われているのに対して、同じ路線上でも長万部はスッカラカンです。(※実はニセコ泊原発にそこそこ近いしかも風下なのに。)

すでに、特急に乗ったら長万部で乗り継ぐことはありませんが、新幹線が延伸したらどうなるかと思うと、恐ろしいことです。

函館はどうなんかというと

長万部に比べると、函館は

  • 外国語対応は進んでいる(特に中国語)
  • カード決済は対応している店が多い
  • コンビニが多い
  • コンビニは電子マネー対応
  • ウェブサイトはいくつもある(かえって錯綜している)

といえますが、 実は、JRも市電もバスもICカード非対応です。 物凄く後れています。 そのうち対応するようになるかとは思いますが、現状では、札幌では Kitaca のような「交通系」が遣えるのに、函館では交通には遣えません。

もうひとつ、殆どの自販機は電子マネー非対応です。

東名阪の常識にすら、追いつけていないという現状があります。

そもそもが、津軽海峡のブラキストンラインから先、北海道は「ガラパゴス化」してきました。札幌に一極集中して、札幌の「進化」の影響を道内都市はいくばくかは受けてきただけなので、とてもズレていると思います。

その中で実際には、大都会札幌と、青森に近い函館は、いくらかマシな方です。