函館日記

函館暮らしの日記

北海道新幹線(3月26日開業)が与える影響

函館の市や企業は、「北海道新幹線」の開業をブームにして景気回復のきっかけにしようと目論んでいます。 新幹線開業に合わせて、店舗を改装したり、新築をしたり、今まで放置していた建物をようやく取り壊したりしています。

新幹線の誘致、それに伴う開業前までの土木建築需要の一時的な増加、 また、新幹線の函館市内乗入れには失敗したことへな開き直りや、(駅は北斗市七飯町にあるのに)駅名には「函館」の名称をねじ込めたことなど、 こうしたブームの煽りには、やぶれかぶれという感もあります。

実際には函館の経済の体力は既に低くなっていて、例えば前述の店舗改装にしても、急ごしらえで軽く手直しをしたという程度の改装も少なくありません。

変わる鉄道アクセス

新幹線が市内には来ない代わりの函館駅へのアクセスのために(安直なネーミングセンスですが)「はこだてライナー」を新設させています。

しかしもともと遡れば、青函連絡船の時代は、函館駅は船と列車の乗継駅でした。 国鉄・JRの約款、つまり、きっぷのルールでは、長距離の切符は有効期間の日数が増えますし、途中下車有効になります。 ですから、函館駅での乗継の際に駅を出ても切符が有効なわけです。 だったら、相当の急ぎでなければ、函館駅を出て休憩をしたり遊んだり一泊しても平気です。

青函トンネル開通後から今までは、特急列車(「白鳥」「スーパー白鳥」「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」)や、夜行急行列車(「はまなす」)はすべて、函館駅に乗り入れてスイッチターンをしていました。(江差線・海峡線と函館本線は、函館駅ではなく隣の五稜郭駅でつながっており、函館駅は「袋小路」です。五稜郭駅〜函館駅の間は特例で、往復しても片道の扱いで切符が発売されてきました。) 北斗星」や「はまなす」などの夜行列車で青森駅から乗ってきた人は、函館のホームに一切降り立つこと無く札幌方面に行けるようになりました。 それではもう、函館駅前が寂れるわけです。

そしてついに、「白鳥」「北斗星」「はまなす」などが廃止となって、新幹線が開業して「新函館北斗駅」止まりですから、函館駅に行くには積極的な意思が必要です。 しかも、新幹線から乗り継いで札幌に行く予定の人からすると、函館に寄るには、新函館北斗〜函館の間の切符を往復で別途に用意せねばなりません

交通手段は増えず、むしろ減る

新幹線開業で、特急「白鳥」「スーパー白鳥」は廃止です。 プラスマイナスゼロです。 強いて言えば、新青森駅での乗換無しで新幹線で来られるという利便が生まれるだけです。

東京以西から「新函館北斗」まで長時間乗り続けるのは一種の修行みたいなものですから、よっぽどの新幹線好きでないと選ばないでしょう。 新幹線に乗っても運賃が際立って少なく済むわけではありませんので、同じ高いのならば航空機、貧困なら高速バス&フェリーという選択でしょう。 だから新幹線で来る人の多くは北関東以北だとみています。

同時に、夜行は廃止です。 だから交通はむしろマイナスです。

青森や大間とのフェリーや、函館空港というアクセス手段は以前のままです。

交通手段は増えていないのです。

これで本当に、やってくる人が増えるというのでしょうか?

もっと予想困難なのは、将来に新幹線が札幌に延伸した後のことです。 「新函館北斗」のホームにすら降り立たない人が増えてもおかしくありません。

魅力が出しきれず伝えきれてもいない

本当は、世間に知られている以上に函館は魅力的な都市です。 観光地としてみると、札幌の方が(大都市過ぎて)よっぽどガッカリですし、旭川に至っては見どころが数えるほどしかありません(旭山動物園くらいしか知られていません)。

札幌や旭川と異なり、道路は碁盤の目にはなっていませんし、坂もありますし、狭い面積に観光地が凝縮されています温泉もありますし、海も海産物もあります。 市内の交通は、札幌よりは不便ですが、路面電車も路線バスもあります路面電車があるのは道内で札幌と函館だけです)。

五稜郭や(函館山の)津軽要塞跡のような軍事遺跡もあります。 (ところが、津軽要塞のことを、半ば意図的なのでしょうが、市内企業はまともに宣伝していません。)

函館の文化はひとことではとても言い表せませんが、

  • 幕末以前からある
  • 明治時代以降も企業中心で形成されてきた

という、商業地としてのリベラルな気質はあります。

他方で、

ともうひとつ

  • バブル崩壊以降に時代に取り残されている(未だ昭和みたい)

というところが、「保守的」「封建的」な臭いを醸しています。

地元企業は今やむしろ保守的で右派の封建的発想が多く、貧困層の方がリベラルというのが私の印象です。 政治的にいうと、自民党支持層と共産党支持層の二極対立構造になっています。

しかしともかく、時代後れから脱して「垢抜ける」ことと、タブーなしに本来の魅力を見出して伝えることが、函館の再興の必要条件だと思います。

具体例をいえば、土方歳三を商売のネタにしたり、幕府脱走軍(奥羽越列藩同盟系)を忠義ということで美化したりするだけでは、史実を捉えてはいません。 戊辰戦争とは、薩長土肥vs奥羽越の戦争です。そして戊辰戦争末期の箱館戦争は、明治維新によってハブられる大名などの武家の地位確保のための政治的駆け引きです。そして土方歳三にとってはおそらく、死に場所探しです。 それが史実です。 史実をとらえたほうが、より現代的で、関心をもて、有意義です。 そして観光産業は、ネタにただ乗っかるのではなくて、主体的に、リベラルに、社会を切り拓いていこうとすべきでしょう。

あまりにも経済が落ち込んだからか、売上を出すことに必死で、主体性を失っています。 日本人観光客は減ったしカネもないので、中国人観光客の「爆買い」に頼ろうとしています(しかし実際には、中国人も日本人同様にケチですし、今の中国人観光客は大富豪ではなく小市民が多いです。)

新幹線の煽りが空回りである実例を他にも挙げると例えば、「函館マラソン」フルマラソンの部、たった4000人の定員が埋まるのに3日半もかかりました。 マラソンブームの終焉を勘定に入れても、人気が足りませんよね。 執拗に機運を盛り上げても空回りで、その現実を歪めて「わずか3日で」とか言っている人さえいるんですよ。(比較:東京マラソンの定員36500人、大阪3万、横浜2万5千、奈良1万6千、北海道マラソン1万。東京と大阪は規模が異常に大きいのに、それ以上の異様な人気。) 思っている以上に注目されていないのに、(地元の新聞もNHKも)その認識を意図的に回避している(印象操作をしている)というのは深刻な症状です。(定員が少ないので1日で埋まると思っていました私(笑))

端的に言って、積極的に立ち寄る理由があれば、函館には新幹線があろうがなかろうが人は来ます。 理由が見出されていないから寂れるのです。 本当は、何泊もしたいと思うような魅力があるし、道内随一どころか日本一の観光地なのに。

何も打つ手を用意する能力が無いからなのですよ、新幹線に賭けようとしているのは。 能力不足なものはなにをしてもダメで、やる気がない者には何もやれないと思うのですが。